高垣由美研究室 Professor TAKAGAKI Yumi’s Website

氏名 NOM ET PRÉNOM  Family Name & First Name :高垣由美 TAKAGAKI Yumi

職 SITUATION ACTUELLE  Professional Status:
– 大阪府立大学教授 Professeure de linguistique à l’Université préfectorale d’Osaka
– Chercheuse associée au Laboratoire Ligérien de Linguistique (UMR 7270 – Universités d’Orléans & Tours – BnF – CNES)

研究領域:テクスト言語学,対照言語学,対照修辞学,フランス語学,フランス語教育
DOMAINES DE RECHERCHE : linguistique textuelle, linguistique contrastive, rhétorique contrastive, linguistique française, didactique du français

連絡先 Coordonnées professionnelles, Institution Address:
599-8531 大阪府堺市中区学園町1-1 大阪府立大学人間社会システム科学研究科言語文化学専攻
Osaka Prefecture University, School of Humanities and Sustainable System Sciences, 1-1 Gakuen-cho Naka-ku Sakai 599-8531 Japan

Publications
著書 OUVRAGES  Books

  • TAKAGAKI, Yumi De la rhétorique contrastive à la linguistique textuelle : l’organisation textuelle du français et du japonais (『対照言語学からテクスト言語学へ:フランス語と日本語のテクスト構成』)大阪&ルーアン 大阪公立大学共同出版会(OMUP)Publications des Universités de Rouen et du Havreの共同出版 2011年2月18日 259 p.
    (日本学術振興会 平成22年度 科学研究費補助金 研究成果公開促進費・学術図書(課題番号225073)の助成金による出版)

    要約,目次,本文一部公開

・この本の書評がRevue de Sémantique et Pragmatique, numéro 32 2012 (ISSN 1285-4093)(2014年6月発行 pp.147-150)に掲載されました(評者 Gabriel Bergounioux氏)
・この本の書評がLe français à l’université 17e année, numéros 1-2 (premier et deuxième trimestres 2012)(2012年7月発行 p.8)に掲載されました(評者 Itsuko FUJIMURA氏)
・この本の書評が日本フランス語フランス文学会のCahier 09(2012年5月発行 pp. 14-16)に掲載されました(評者 阿部宏氏)
・この本の書評が日本フランス語教育学会学会誌 Revue japonaise de didactique du français vol. 6, no. 1 , (2011年発行, pp. 291-292) に掲載されました。(評者 Francis Carton氏)
・この本が在日フランス大使館のニュースレターで紹介されました。

ダウンロード(最下部に表示)
・購入は書店での取り寄せ,出版社のOMUPへの申し込み,あるいはオンラインで注文

Amazon.co.jp の関連サイトへ移動

・ヨーロッパでの購入は出版社のPURHへの申し込み,あるいはオンラインでComptoir des presses d’universitésのサイトにて注文可能

このページの最初へ Haut de page Top of Page

 

delarhetorique
博士論文 THÈSE DE DOCTORAT  Doctoral dissertation

  • TAKAGAKI, Yumi LES PLANS D’ORGANISATION TEXTUELLE EN FRANÇAIS ET EN JAPONAIS : de la rhétorique contrastive à la linguistique textuelle thèse de doctorat en sciences du langage Université de Rouen 2008年12月18日 496 p. (mention très honorable)
要約,全文一括ダウンロード TELのサイトへ移動

LE FRANÇAIS DANS LE MONDE no 363, Mai-juin 2009, pp.77-78 で紹介されました (紹介者 Gisèle Kahn氏)

この博士論文はÉDITIONS UNIVERSITAIRES EUROPÉENNESから2011年4月に出版されました。(ISBN : 978-613-1-57011-7)
以下のオンライン書店などで購入可能:Amazon.fr, Amazon.com, Amazon.co.jp, Amazon.co.uk, Amazon.ca, libreriauniversitaria.it, MoreBooks!Publishing.

image

このページの最初へ Haut de page Top of Page

学術論文 Articles

  • 30. TAKAGAKI, Yumi (2017年9月出版予定 à venir, forthcoming)« Perspective contrastive sur les conventions textuelles dans l’éducation interculturelle : le cas des apprenants japonais du français », (異文化教育におけるテクストの慣習に関する対照的パースペクティヴ:日本人フランス語学習者の場合)in Actes du XIVe Congrès mondial des professeurs de français Fédération Internationale des Professeurs de Français.

image

  • 27. TAKAGAKI, Yumi « Quelques difficultés communes aux Coréens et aux Japonais dans la communication interculturelle : analyse de textes du point de vue de la rhétorique contrastive » (韓国人と日本人に共通する困難:対照修辞学の観点からの分析)Société Coréenne d’Enseignement de Langue et Littérature Françaises, Société Japonaise de Didactique du Français, Actes du premier colloque international conjoint de la SCELLF et de la SJDF Enjeux et perspectives de l’enseignement du français en Asie, Editions Daehaksa (Séoul) 2014年 pp.75-86.

cmlf2014_cover

  • 25. TAKAGAKI, Yumi. « Le FLE et les applications des études de corpus au Japon(日本における外国語としてのフランス語とコーパス研究への応用) »『言語文化学研究 言語情報編』第9号 大阪府立大学人間社会学部言語文 化学科 2014年3月31日 pp.41-51.
  • 24. TAKAGAKI, Yumi. « Rédiger un texte en France et au Japon : quelles différences ? »(「文章を書くとは?フランスと日本の違い」)『言語文化学研究 言語情報編』第9号 大阪府立大学人間社会学部言語文化 学科 2014年3月31日 pp.15-39.

このページの最初へ Haut de page Top of Page

  • 22. TAKAGAKI, Yumi « Le discours direct entre guillemets sans verbe introducteur dans les textes traduits du japonais »(日本語からの翻訳テクストにおける導入動詞のない引用符入りの直接話法), in F. Neveu, V. Muni Toke, P. Blumenthal, T. Klingler, P. Ligas, S. Prévost, S. Teston-Bonnard (dir.) Actes du CMLF 2012 – 3ème Congrès mondial de linguistique française, ISBN : 978-2-7598-0780-2, © Institut de Linguistique Française (ILF), publié par EDP Sciences (www.linguistiquefrancaise.org), 2012年7月5日 pp.1231-1243 (DOI : http://dx.doi.org/10.1051/shsconf/20120100154).

cmlf2012_cover

Couv.Australie 1

このページの最初へ Haut de page Top of Page

  • 20. TAKAGAKI, Yumi « Les noms de titre familial comme marqueurs de cohérence », in Franck Neveu, Valelia Muni Toke, Thomas Klingler, Jacques Durand, Lorenz Mondada et Sophie Prévost (éd.) Actes du CMLF 2010 – 2ème Congrès mondial de linguistique française, publié par EDP Sciences (www.linguistiquefrancaise.org), ISBN : 978-2-7598-0534-1 2010年7月12日 pp.1215-1225 (DOI : http://dx.doi.org/10.1051/cmlf/2010253).

2010_cover

  • 19. 高垣由美 「接続表現の欠如からみるテクストの結束性 —フランス語と日本語の対照研究—」『言語文化学研究 言語情報編』第5号 大阪 府立大学人間社会学部言語文化学科 2010年3月31日 pp.67-90. (再録:『日本語学論説資料』第48号(平成23年分)第5分冊増刊(言語学・対照研究)論説資料保存会 pp.275-286 2013年9月30日発行)

taiwan

このページの最初へ Haut de page Top of Page

  • 17. TAKAGAKI, Yumi « Cinq hypothèses sur les différences entre le texte français et le texte japonais : exemples dans les traductions françaises de textes japonais » 『言語文化学研究 言語情報編』第4号 大阪府立大学人間社会学部言語文化学科 2009年3月31日 pp.37-51. (再録:『日本語学論説資料』第46号(平成21年分)第5分冊(コミュニケーション・言語学)論説資料保存会 pp.673-680 2012年2月29日発行)
  • 16. TAKAGAKI, Yumi « Diversité des conventions littéraires et apprentissage d’“une autre façon de voir le monde” : comparaison des manuels scolaires de français et de japonais », Cadence N° 26 Édition spéciale Communications présentées au Colloque International de l’APFI 2008, Association des professeurs de français d’Indonésie (APFI) 2008年(11月) pp.1-10.
  • 15. TAKAGAKI, Yumi « Études de différences de conventions littéraires entre le français et le japonais : analyse de textes des manuels scolaires » 『言語文化学研究 言語情報編』第3号 大阪府立大学人間社会学部言語文化学科 2008年3月31日 pp.89-132.
  • 14. TAKAGAKI, Yumi « Représentation de la norme à l’écrit : enquête auprès d’étudiants japonais et de professeurs français » 『言語文化学研究 言語情報編』第2号 大阪府立大学人間社会学部言語文化学科 2007年3月31日 pp.35-97.
  • 13. TAKAGAKI, Yumi « Remarques sur les spécificités du japonais constituant des difficultés dans l’apprentissage du FLE » 『言語文化学研究 言語情報編』第1号 大阪府立大学人間社会学部言語文化学科 2006年3月31日 pp.31-73.
  • 12. TAKAGAKI, Yumi « Diversité des langues et organisations textuelles : le cas des Japonais » Dialogues et Cultures 50 FIPF (国際フランス語教授連合) 2005年(7月) pp.154-159(紙版) pp.230-235(CD版).
  • 11. 高垣由美 「フランス語教育に関する対照言語学からの提言 —発話状況依存と自律した言語世界—」 大阪府立大学総合言語文化研究会 『大阪府立大学言語文化研究』第3巻 2004年3月31日 pp.43-56.

このページの最初へ Haut de page Top of Page

  • 10. 高垣由美 「FOS(特定目的のためのフランス語)と日本の大学でのコミュニカティヴ・アプローチ」 大阪府立大学総合科学部『大阪府立大学紀要 人文・社会科学』第51巻 2003年3月31日 pp.67-77.
  • 9. 高垣由美 「テクストのミクロ構造・マクロ構造 —日本人フランス語学習者の問題点とその言語学的分析—」 大阪府立大学総合言語文化研究会 『大阪府立大学言語文化研究』第2巻 2003年3月31日 pp.1-12.
  • 8. TAKAGAKI, Yumi « La logique française est-elle universelle ? — études comparatives des organisations textuelles chez les Français et les Asiatiques — » Colloque International de Bangkok 2002 タイフランス語教育学会 (Association Thaïlandaise des professeurs de français) 2002年5月 pp.185-195.
  • 7. 高垣由美 「談話戦略の日仏比較と日本人学習者のテクスト構成の問題点」『フランス語フランス文学研究』第79号 日本フランス語フランス文学会 2001年10月21日 pp.79-90.
  • 6. TAKAGAKI, Yumi « Des phrases, mais pas de communication. Problème de l’organisation textuelle chez les non-Occidentaux : le cas des Japonais » Dialogues et Cultures 44 FIPF (国際フランス語教授連合) 2000年(7月) pp.84-91.
  • 5. 高垣由美 「日本人学習者におけるテクスト構成の問題点 ー対照言語学的観点からー」 『フランス語教育』28号  日本フランス語教育学会 2000年5月15日 pp.47-56.
  • 4. 高垣由美 「テクスト構成の日仏比較」『大阪府立大学紀要 人文・社会科学』 第48巻 大阪府立大学 総合科学部 2000年3月31日 pp.97-110 (再録:『日本語学論説資料』第37号第5分冊(コミュニケーション・言語学)論説資料保存会 pp.733-739 2002年10月30日発行).
  • 3. 高垣由美 「il y a の後の無冠詞名詞」『独仏文学』第16号 山口大学独仏文学研究会 1994年8月30日 pp.23-32.
  • 2. 高垣由美 「現代フランス語におけるゼロ冠詞」『文学会志』第44巻 山口大学文学会 1993年12月20日 pp.97-105.
  • 1. TAKAGAKI, Yumi « Expression du temps dans le discours – étude comparative du français et du japonais – » études françaises 第27号 大阪外国語大学フランス語学科研究室 1992年11月30日 pp.39-47.

このページの最初へ Haut de page Top of Page

 
研究助成金・競争的資金獲得状況 PROJETS DE RECHERCHES  Research grants

  • 8. 大阪府立大学高等教育推進機構 平成25年度プロジェクト型研究支援事業
    研究課題:日仏参照コーパスの構築研究と言語教育への応用可能性
    (研究代表者 高垣由美)2012年7月1日-2013年3月31日
  • 7. 大阪府立大学高等教育推進機構 平成24年度プロジェクト型研究支援事業
    研究課題:論理に関する日本語とフランス語の対照研究:発話とディスコースマーカーを中心に
    (研究代表者 高垣由美)2012年9月19日-2013年3月31日

whiteKAKENHIlogoS_jp

  • 5. 日本学術振興会 平成22年度 科学研究費補助金 研究成果公開促進費・学術図書
    刊行物の名称:De la rhétorique contrastive à la linguistique textuelle : l’organisation textuelle du français et du japonais (課題番号225073)
    (研究代表者 高垣由美)2010年-2011年
  • 1. 財団法人 三菱財団 平成18年度 人文科学研究助成
    研究課題:対照修辞学確立のための言語学的基礎研究
    (代表研究者 高垣由美)2006年-2008年

このページの最初へ Haut de page Top of Page

翻訳 TRADUCTOIN Translation

  • 1. Gabriel Bergounoux著 高垣由美翻訳 「フランスの高等教育における研究倫理—オルレアン大学の例」(原題 Le titre original :L’éthique de la recherche dans l’enseignement supérieur en France. L’exemple de l’Université d’Orléans) RI (Research Integrity Reports), vol. 2, 大阪府立大学21世紀科学研究機構研究構成インスティチュート 2017年3月31日 pp.3-13.



学術論文以外の刊行物 COMPTE-RENDUS  Research Notes

  • 21. 書評:高垣由美 「Hidden, Marie-Odile (2014). Pratiques d’écriture – Apprendre à rédiger en langue étrangère, Paris : Hachette, 160 p.」(日本語) Revue japonaise de didactique du français, vol. 10, n. 1&2 日本フランス語教育学会 2015年9月15日 pp.167-168.
  • 20. 実践報告:高垣由美「スマートフォンで学ぶ特定目的のためのフランス語—iPhoneアプリ「Le français diplomatique外交フランス語」開発—」Revue japonaise de didactique du français vol. 9, n. 1 日本フランス語教育学会 pp.113-123 2014年9月15日.
  • 19. 海外学会報告:高垣由美「日仏共同シンポジウム「教育のためのコーパス」」Revue japonaise de didactique du français vol. 9, n. 1 日本フランス語教育学会 pp.160-162 2014年9月15日.
  • 18. 論考:高垣由美 「iPhoneアプリケーションによる外交フランス語教材—失敗から学ぶアプリ開発—』 Rencontres 28 関西フランス語教育研究会 2014年7月7日 pp.84-88.
  • 17. 国際研究会報告:高垣由美 「音声データの分析と参照コーパスに関する日仏共同シンポジウム報告」『フランス語学研究』 第48号 日本フランス語学会 pp.142-143 2014年6月1日.
  • 16. 研究会報告:高垣由美 「iPhone 用特定目的のためのフランス語教材 Le français diplomatique 開発」 『第27回獨協大学フランス語教授法研究会報告』 2014年3月1日 pp.26-28.
  • 13.  大会予稿集論文:高垣由美「英語以外の外国語教育と iPhone 用アプリケーション‐『外交フランス語』教材開発‐」『2013PC Conference論文集』 2013年7月20日  pp.169-172.
  • 12. 講演会報告:高垣由美 「Gabriel Bergounioux教授大阪講演会—Emergence et représentation de la parole intérieure」 『フランス語学研究』 第47号 日本フランス語学会 2013年6月1日 pp.70-71.
  • 11. 海外学会報告:高垣由美 「第2回フランス語学世界大会2010(Congrès mondial de linguistique française, CMLF 2010)」 『フランス語学研究』 第45号 日本フランス語学会 2011年6月1日 pp.128-129.
  • 10. 書評:高垣由美 「Serge Dreyer et Rachel Juan (éd.) (2009), LE FRANÇAIS, LA FRANCOPHONIE ET LA FRANCOPHILIE EN ASIE-PACIFIQUE. Spécificités et interrogations, Paris : L’Harmattan, 423p.」 Revue japonaise de didactique du français, vol. 5, n. 1 日本フランス語教育学会 2010年12月5日 pp.351-354.
  • 9. 報告書:小野文,高瀬智子,高垣由美 「台湾のフランス語教育研修に参加して」 Revue japonaise de didactique du français, vol. 5, n. 1 日本フランス語教育学会 2010年12月5日 pp.365-367.
  • 8. 海外学会報告:高垣由美 「第2回APFI国際学会2008 « Le français : une autre façon de voir le monde » 参加報告」 Revue japonaise de didactique du français, vol. 4, n. 1 日本フランス語教育学会 2009年10月17日 pp.234-236.
  • 7. 実践報告:高垣由美 「『ポッドキャストと行くフランス旅行!』:大阪府立大学提供の5言語学習プロジェクトについて」 Revue japonaise de didactique du français , vol. 3, n. 1 日本フランス語教育学会 2008年10月11日 pp.79-191.
  • 6. 論考:高垣由美 「『ポッドキャストと行くフランス旅行!』« Je vais en France avec le podcast ! » —大阪府立大学提供のポッドキャストによる多言語教材について—」 Rencontres 21 関西フランス語教育研究会 2007年7月7日 pp.50-54.
  • 5. 論考:高垣由美 「エクリに関する知識と実践 —対照言語学的観点から—」 Rencontres 18 関西フランス語教育研究会 2004年7月7日 pp.4-7.
  • 4. 報告書:小松祐子,高垣由美「東南アジア地区フランス語教師IT研修 参加報告」『フランス語教育』第31号 日本フランス語教育学会 2003年5月25日 pp.138-140.
  • 1. 海外学会報告:高垣由美 「第10回FIPF世界大会参加報告」 『日本フランス語教育学会会報 n. 44 日本フランス語教育学会 2001年1月31日 p.33.

このページの最初へ Haut de page Top of Page

教材 OUTILS DIDACTIQUES  Learning Materials

  • Icon-144
  • 3. iPhone向けアプリケーション 『Le français diplomatique 外交フランス語』 2013年5月からAppStoreで無償公開 Le français diplomatique, iPhone Application.diplo
  • 1. 教科書:高垣由美 『大学生のためのフランス語 -文から文章へ,模倣から創造へ,読解から表現へ -』 2002年4月1日 駿河台出版社.
    francais univ

このページの最初へ Haut de page Top of Page

 
研究発表 PARTICIPATION À DES CONGRÈS ET COLLOQUES AVEC PRÉSENTATION DE TRAVAUX  Presentations

 

 

 

  • 14. 2013年6月1日 「スマートフォンで学ぶ特定目的のためのフランス語—アプリケーション« Le français diplomatique »開発—」 日本フランス語教育学会春期大会 於国際基督教大学 2013年5月31日ー6月1日.

afficheCMLF2012+DG

 

 

 

CMLF2010

  • 10. 2008年11月5日 Diversité des conventions littéraires et apprentissage d’« une autre façon de voir le monde » : comparaison des manuels scolaires de français et de japonais,  DEUXIÈME COLLOQUE INTERNATIONAL DE L’APFI, 2008 « Le français : une autre façon de voir le monde » organisé par l’Association des professeurs de français d’Indonésie (APFI) 第2回APFI国際学会 2008 インドネシアフランス語教育学会 於インドネシア国バンドゥン市Gallery Ciumbuleuit Hotel & Apartment 2008年11月5日-6日開催.
  • 9. 2007年5月18日 「ポッドキャストプロジェクトにおける統一性と多様性—大阪府立大学提供の5言語講座について—」 日本フランス語教育学会春期大会 於明治大学.
  • 8. 2006年4月30日 La diversité des pratiques d’écriture du point de vue de la rhétorique contrastive : analyse de données d’une enquête auprès d’étudiants japonais et de francophones natifs 国際フランス語教授連合第1回アジア太平洋地域国際大会 於台湾台北市国立図書館 1er Congrès régional Asie-Pacifique C.A.P.-F.I.P.F. (Commission d’Asie-Pacifique – Fédération internationale des professeurs de français) 2006年4月27日-5月1日開催.
  • 6. 2002年5月22日 La logique française est-elle universelle ? –études comparatives des organisations textuelles chez les Français et les Asiatiques– バンコク国際学会2002 タイフランス語教育学会 設立25周年記念大会 於タイ国バンコク ホテル・プラザ・アテネ Colloque international de Bangkok 2002 En commemoration du XXVe anniversaire de l’Association thaïlandaise des professeurs de français, Hotel Plaza Athenee, Bangkok (Thaïlande)  2002年5月20日-23日開催.
  • 5. 2001年12月1日 「テクストのミクロ構造・マクロ構造 ー日本人学習者の問題点とその言語学的分析ー」 日本フランス語フランス文学会関西支部大会 於天理大学.
  • 4. 2001年11月3日 「FOS(特定目的のためのフランス語)と大学のフランス語」 日本フランス語教育学会秋期大会 於名古屋外国語大学.
  • 1. 1993年11月27日 「il y a とゼロ冠詞」日本フランス語学会 第126回例会 於京都イタリア会館.

このページの最初へ Haut de page Top of Page

 
招待講演 CONFÉRENCES INVITÉES  Invited Lectures

  • 3. Rédiger un texte en France et au Japon : quelles différences ?  (「文章を書くことはフランスと日本でどう違うか」) Les Mardis du DEFLE (Département d’Études de Français Langue Étrangère(外国人のためのフランス語研究学科主催火曜講演会) 於フランス国ボルドー第3大学 2013年11月13日.
  • 1. 「大学での初習外国語とアカデミック言語」 特別講演 於筑波大学外国語センター 2003年12月12日. Conférence sépciale au centre linguistique à l’Université de Tsukuba, le 12 décembre 2013

 
研究会発表 ATELIER  Workshop presentations

  • 5. 「iPhone用アプリケーションによる外交フランス語教材 —失敗から学ぶアプリ開発」(Application iPhone pour apprendre le français diplomatique) 第28回関西フランス語教育研究会 於アンスティチュ・フランセ関西-大阪 2014年3月28日.
  • 4. 「iPhone用特定目的のためのフランス語教材『Le français diplomatique』開発 」(Développement d’une application iPhone pour apprendre le français sur objectifs spécifiques : Le français diplomatique) 2013年度獨協大学フランス語教授法研究会 於獨協大学 2013年12月8日.
  • 3. 「『ポッドキャストと行くフランス旅行!』« Je vais en France avec le podcast ! » —大阪府立大学提供のポッドキャストによる多言語教材について—」(« Je vais en France avec le podcast ! » : Cours de français offert par l’Université Préfectorale d’Osaka sous forme de podcasts) 第21回関西フランス語教育研究会 於大阪日仏センターアリアンスフランセーズ 2007年3月31日.
  • 2. 「FOS(特定目的のためのフランス語)と文化」 (FOS (français sur objectifs spécifiques) et cultures) 第16回関西フランス語教育研究会 於シーサイドホテル舞衣子ヴィラ神戸 2002年3月29日.
  • 1. 「中級の作文:文からテクストへ」(Enseignement de la rédaction au niveau intermédiaire : des phrases au texte) 第15回関西フランス語教育研究会 於シーサイドホテル舞衣子ヴィラ神戸 2001年3月29日.

このページの最初へ Haut de page Top of Page

 
賞罰 BOURSES ET PRIX  Scholarships and Distinction

  • 1981-1982. AFS奨学生 Boursière de l’AFS  AFS scholar
  • 1986-1987. フランス政府給費留学生 Boursière du gouvernement français  Scholarship, French government
  • 1990-1991. 大阪府国際交流財団給費留学生 Boursière de l’OFIX  Scholarship, OFIX (Osaka Foundation of International Exchange)
  • 2011年3月 大阪府立大学高等教育機構長教育奨励賞  mars 2011 Prix d’encouragement pour les meilleurs enseignants, décerné par le Directeur de la Faculté des Arts Libéraux et des Sciences de l’Université préfectorale d’Osaka  March 2011 Osaka Prefecture University Teacher Award.

このページの最初へ Haut de page Top of Page

指導中の博士論文 THÈSES EN COURS   Ph.D.s in preparation

  • 課程博士 森田美里 研究テーマ「フランス人には聞こえない舌打ち音-日仏対照言語学的観点から」フランス国オルレアン大学のガブリエル・ベルグニュ教授と共同指導のダブルディグリー thèse en co-tutelle avec M.Gabriel Bergounioux, Université d’Orléans – France
  • 課程博士 五十嵐小優粒 研究テーマ「ペルシア語における受身のマーカー、‘šodan’の様相」
  • 課程博士 藤田修二 研究テーマ「日英語の動詞表現の対照研究—日本オージーの非意志的自動詞から見た構文間のずれを中心に」

 
博士論文審査 JURYS THÈSES DE DOCTORAT  Ph.D.s

  • 課程博士 公聴会 2017年2月6日 案野香子 学位論文題目「現代日本語の反語表現についての研究」審査委員:西尾純二(主査 大阪府立大学),山東功(副査 大阪府立大学),高垣由美(副査 大阪府立大学)
  • 課程博士 公聴会 2015年2月4日 宮岸哲也 学位論文題目「日本語とシンハラ語における動詞構文とその格標識の対照研究」審査委員:張麟声(主査 大阪府立大学),山東功(副査 大阪府立大学),高垣由美(副査 大阪府立大学),西尾純二(副査 大阪府立大学),堀江薫(副査 名古屋大学)
  • 論文博士 公聴会 2013年2月7日 横田賢司 学位論文題目 On the Interpretation of Floationg Numeral Quantifier Constructions on Japanese(「日本語の遊離数量詞構文の解釈について」) 審査委員: Lauwrence Schourup(主査 大阪府立大学),高木佐知子(副査 大阪府立大学),高垣由美(副査 大阪府立大学),橋本喜代太(副査 大阪府立大学),吉本啓(副査 東北大学)

 
修士号 MÉMOIRE DIRIGÉ ET SOUTENU  Master

  • 2016年2月 成丹雪 論文題目「日中オノマトペの対照研究ー宮沢賢治の作品に基づいてー」

 
指導中の修士論文 MÉMOIRE EN COURS  Master in preparation

  • 2017年から 張桑 研究テーマ「日中の接続表現からみたテクスト構成比較」

 

このページの最初へ Haut de page Top of Page

所属学会 Memberships

 

C11univ
Vue extérieure de la faculté de droit à Douai (Nord Pas-de-Calais) (c) MAEE / F. de la Mure
(写真 MINISTÈRE DES AFFAIRES ÉTRANGÈRES DE FRANCE – SERVICE PHOTOGRAPHIQUE)

このページの最初へ Haut de page Top of Page