設立趣旨とセンターの歩み

大阪府立大学 女性学研究センターは、性差別のない、だれもが対等に生きることのできる社会の実現をめざして活動しています。女性学、および大阪府男女共同参画推進条例にもとづいて男女共同参画に関する総合的な研究を行い、国内外の研究者とのネットワーク形成の場としての役割を担うとともに、大阪府立大学・大学院における女性学・ジェンダー学教育を担当しています。

本研究センターは、2005年3月まで、大阪女子大学の研究機関でした。大阪女子大学は、日本では早い時期(1982年)に女性学の授業を始めた大学です。その後、女性学の授業のスタッフが中心になって女性学研究資料室を開設し(1990年)、さまざまな研究を展開するとともに図書・雑誌資料の収集を行いました。その成果に基づき、1996年に現在の女性学研究センターが設置されたのです。

さらに2005年4月に大阪女子大学が大阪府立大学と統合されたことに伴い、大阪府立大学人間社会学研究科の研究機関となり、2011年4月の組織改正に伴い、大阪府立大学地域連携研究機構のセンターに位置づけられました。

本研究センターは、学生対象に女性学・ジェンダー論関連科目を開いています。また、一般市民を対象にした女性学連続講演会・連続セミナー(連続5回)や公開講座、研究者の集まりであるコロキウム(年数回)を行い、それらの成果をまとめた論集『女性学研究』等を刊行しています。また、梨花女子大学アジア女性学センターをはじめ海外の諸大学との交流など、国際的な共同研究の推進をめざしています。ここを拠点として行われている女性学研究・教育は、本学の誇る特色の一つとなっています。